院長ご挨拶

県立尼崎総合医療センター 院長  平家俊男より、令和5年 新年のご挨拶:「兵庫県立尼崎総合医療センター(AGMC)」は開院7年が経過し、第2ステージの成長過程まっただ中です。継続して「目指すこと」3項目は、(1)本格的地域完結型医療の推進・充実!(2)医療のみならず、マネジメント・サービスでもトップの病院! (3)量から質へ!です。

はじめに

新型コロナウイルス感染症がまだまだ収まる状況にはありません。この間、地域の皆様から多大なるご支援を頂戴しながら、様々な困難に取り組んでくることができました。あらためて感謝申し上げます。これからも“with コロナ”下での地域を支える医療機関として歩みを進めていきます。

「兵庫県立尼崎総合医療センター(AGMC)」は開院7年が経過し、第2ステージの成長過程まっただ中です。継続して「目指すこと」3項目は、(1)本格的地域完結型医療の推進・充実!(2)医療のみならず、マネジメント・サービスでもトップの病院! (3)量から質へ!です。

新型コロナウイルス感染症

令和5年1月現在、第8波のまっただ中です。オミクロン株が主体になってから、新型コロナウイルス感染症そのものによる重症化は一定程度に収まっています。一方で、感染力が強いため、通常疾患と併発する症例が多くその対応に苦慮しています。政府としては、感染症分類2類から5類への移行も念頭にあるようですが、感染力が強いオミクロン株が院内で拡散することは回避する必要があり、ワクチン接種とともにマスク等の感染防止策の継続が必要です。病棟運用においては、一層の配慮と工夫が求められます。

量から質へ

高度専門医療の充実(特にがん診療の充実)、地域完結型医療の推進・充実、それを実現するためのPFM(patient-flow-management)の充実(外来・入院・退院・転院・在宅・介護全体を見渡す対応)、医療安全、職場環境、接遇等、様々な局面での一層の質的面での充実を進めていきます。

現在、北玄関に面した場所に、患者サポートセンターが建設中で、まもなく稼働を始めます。入院前、入院中、退院後の課題を、前もってワンストップで対応することにより、患者さんご家族にとって、安全で納得した医療を受けて頂きたいと思っています。また職員にとっても、協働が深化することにより働きやすい環境が整備できればと考えています。

併せて、足元も固めて

AGMCが誕生して7年。やっとAGMCは乳児期・幼児期を過ぎた段階にあるともいえます。しかし、私達はここでこの現状に甘んじていることはできません。
落ち着いて、「足元を固め、当たり前のことを確実に当たり前にやる」ことを継続します。

新型コロナウイルス感染症が、まだまだ世界中で蔓延しています。私たちの社会生活スタイルを根本から見直さざるを得ない、前代未聞の事態に陥っています。このような困難な状況を受け入れ、社会が必要とする医療を継続して提供できるよう、成長し続けていきます。

あらためて、地域、社会の皆様には、暖かいご支援とともに、叱咤、激励を宜しくお願い申し上げます。

令和5年1月1日